高速スタートアップを無効にする方法

ここでは Windows8 の新機能である「高速スタートアップ」のメリット・デメリット、高速スタートアップを無効にする方法について説明していきます。

 

まず、「高速スタートアップ」とはなんぞや?ということですが、

高速スタートアップ」とは、WindowsOSを高速に起動させる機能

のことです。

高速スタートアップが利用できるシステムであればデフォルトで有効になっており(Win8の場合)、OSの起動やシャットダウンが今までとは比べ物にならないぐらいに速くなります。

高速スタートアップの仕組みについては非常に専門的な話になってしまうので、それについてはより詳しい@ITのサイトに譲ることとして、

荒っぽく端的に言ってしまえば、電源投入後のBIOSの起動画面、デバイス・ドライバの読み込みをすっ飛ばして起動するのが「高速スタートアップ」です。

起動にもっとも時間のかかるデバイス・ドライバの読み込みをスキップできないものだろうかと誰しもが一度は考えたことがあることを実現した機能と言えます。

正確にいえば、デバイス・ドライバ読み込みをすっ飛ばしているわけではなく、休止状態のような感じで一時的にディスクに保存し、起動時に読み込むものを最小限に留めることで高速化を実現しています。

オフ時の消費電力はゼロに近いけれど、「完全にはシャットダウンしていない状態」というほうが表現としては正しいかもしれません。

 

この高速スタートアップ機能、とても便利な機能のようですがデメリットもあります。ひとつには、

BIOSセットアップ画面に入れない

ということです。

通常、電源投入後にF1キーdeleteキーなどを押すとBIOSセットアップ画面に入れますが、高速スタートアップが有効になっているとBIOS画面に入るための入り口までスキップしてしまうので、いかなるキーを押してもBIOSセットアップ画面に入ることはできません。

もし、BIOSセットアップ画面に入りたいのであれば方法は2つ。

1. 再起動(コールド・ブート)をかける

2. 高速スタートアップを無効にする

のどちらかの方法を取る必要があります。

どちらが楽かといえば、まぁ、再起動をするほうが楽ですね。

 

高速スタートアップで問題が発生するのはこればかりではありません。

高速スタートアップが有効の状態でシャットダウンをかけ、その後、新しくデバイスを接続してから起動させた場合に正常に動作しない場合があるらしい。

正常に読み込まれなくても問題がないデバイスならさほど問題とならないのですが、これが新しく内蔵HDDを付け足したり、外付けHDDを接続した後で起動やシャットダウンをかけたら「データが消失した」もしくは「消失する可能性がある」などの報告を読んでしまうと、

起動が速くて便利だけど、なんとなく怖くて使えない機能

それが「高速スタートアップ」の本当のところなのかもしれません。

実際、僕の場合、高速スタートアップを使っていてトラブルが発生した事はありませんが、無効にできる方法があるのであれば、それを覚えておくのもひとつの知識です。是非、覚えておきましょう。

 

以下では、その「高速スタートアップ」機能を無効にする方法について解説します。

まず、「設定」→「コントロールパネル」から入り、「ハードウエアとサウンド」カテゴリの「電源オプション」の「電源ボタンの動作の変更」をクリックします。

 

「電源ボタンの定義とパスワード保護の有効化」の画面になったら「現在利用可能ではない設定を変更します」をクリックします。

 

次の画面にいったら、下のほうまでスクロールしたところに「高速スタートアップを有効にする」のチェックボックスがあるので、無効にするにはこのチェックボックスを外し「変更を保存」をクリックします。

 

以上の設定で、「高速スタートアップ」を無効にする方法は終了です。

実際にシステムをシャットダウンしてみて、今までと比べて起動やシャットダウン時間がどう変わったかを確認しておきましょう。もしそれで問題ないと感じるのであれば、「高速スタートアップ」を無効にしておいても良いのかもしれません。

総計 総計
昨日 昨日
今日 今日